スカイツリーのエレベーターについて

 

2012年にできたスカイツリーのエレベーターは、

東芝と日立が受注したそうです。

 

東芝は日本最長となる、464.4メートルのエレベーターを設計し、

こちらは、超高速エレベーターで、40人のりとなっています。

第一展室までは、50秒弱で到着します。

 

そして、第一展望室から第二展望室までの移動は、日立が設計しました。

こちらは日本の最高の高さにあるエレベーターです。

 

施工は、宇宙エレベーターの開発などもしている大林組です。

 

 

 

 

ご自身のビルにエレベーターを設置したい方はこちらにお任せ!